印材について

イメージ画像

印鑑に使われている印材はどんなものがあるのかと、考える人もいるかもしれません。通常は白か黒といったものを想像しがちですが、もっと綺麗な見た目の印材だってたくさんあるのです。値段もばらばらですので、一度印材について詳しく知ってみるのもいい勉強になるでしょう。

通常三文判として使われているようなものは、プラスチック製のものなどが多いです。安上がりですから、とても手に入れやすく、ほとんどの人がもっているかもしれません。これらは、白系のものがほとんどですね。

白系のものにはほかにもたくさんあって、白水牛や象牙などといった高価なものもあります。しっかりと見くらべて、それぞれの特徴を知っておけば、区別はつきます。お値段だって比べ物にならないくらい、差がありますからね。

黒系ですと、黒水牛が多いですね。他のものと違い非常に特徴的ですから、見分けがつきやすいといえるでしょう。

もちろん、それ以外のものもたくさんあります。木目のものだったり、独特の文様がついているものだったり、金属をつかったようなものもあります。さらに、近年では新しい素材を印材として使うこともふえてきていますから、もっと珍しいものもあることでしょう。

どの印鑑であっても、しっかりと使えるように考えられていますから、たとえやすくても簡単に壊れるようなことはないでしょう。印材によって値段もばらばらですから、見た目と値段を検討して自分にあったいいものを探すのも楽しいかもしれませんね。

 〔お勧め記事:修正できないところが良い〕
知っているようで、なかなか知らない印鑑についての記事です。
引用:
印鑑は、大事な場面でのしるしとして、たびたび利用されます。特に日本では、重要な書類上で印鑑を必要とされることが多いのです。そのため、大人になればほとんどの人が、自分専用の印鑑をもつことになります。印鑑は自分だけのしるしになるわけですから、他の人に偽造されたりするようなことは避けなければいけません。

リンク先:印鑑のすばらしさを語る部屋

このページの先頭へ