印鑑に詳しい人は誰だろう

イメージ画像

印鑑は歴史も長いですから、いろいろと逸話があるものです。印鑑の種類も実に豊富で、歴史の長いような印鑑もあれば最近になって新しく製品として世にでてきたようなものもあります。よほど印鑑に興味がある人でないかぎり、印鑑についての知識を詳しく知っている人はいないでしょう。

それなら、誰が印鑑について詳しい知識を持っているでしょうか。

それならば、長く印鑑の制作に携わっているような印鑑やさんがいいでしょう。当然、印鑑を売る仕事をしているわけですから、お客さんから聞かれたら、答えなければいけません。そのため、印鑑についての知識量は豊富なはずです。中には、最近印鑑の手彫り職人になったばかりだという人もいるかもしれません。そういう人であっても、印鑑に何かしらの興味を持ってその仕事についたのでしょうから、多少であっても普通の人よりは知識を持っているはずです。

印鑑は使用の際に、大きさや書体といったものに制約があることがありますので、そういった知識が無ければ印鑑やさんとしては成り立ちません。普通の人がなかなか知らない知識だからこそ、お店側がしっかりと対応してあげて、確実な仕事をこなしているわけです。

それでも、注文するお客さんも最低限の知識だけは持っておいたほうがいいでしょう。特に自分が買う印鑑の、値段の相場や印鑑としての制約をある程度知っておくべきです。そうしなければ、悪いことをたくらんでいるような人に騙されて、偽物を買わされたり、相場額よりはるかに高い金額で購入させられたりしてしまう可能性だってあるのです。

〔インクリボンが主流だった時代〕
知っているようで、なかなか知らないシャチハタについての記事です。
引用:
タイプライターなどにセットして文字を押すことで紙に文字が印刷されるというわけです。印鑑やシャチハタの原理と、にているかもしれませんね。

リンク先:印鑑のすごい話?

このページの先頭へ