印相体とは?

イメージ画像

皆さんは印相体という言葉をご存知でしょうか?一般の方はあまり馴染みがないかもしれませんねこれは、印鑑に使われている書体のひとつです。

印鑑に用いられる書体はいくつかありますが、その中でも印相体は、印鑑用に作られた書体であるため、非常に印鑑に相応しいのです。そのため利用される機会も多く、印鑑の使用に好まれているのです。

しかし、実際に自分の印鑑を見てみてもどの書体が使われているかわからないという人も多いことでしょう。自分で印鑑を注文したわけでなければ、その書体を知っている人はあまりいないでしょうからね。

印相体の見分け方としては、印鑑に使われる文字として、一番、元の字が判断しにくいものと考えればいいかと思います。なんだかぐにゃぐにゃしていて、自分の名前の印鑑なんだけれど、自分の名前のように見えない、というような方がいればおそらくそれが印相体です。印相体は、印鑑のためにつくられた書体でもありますから、偽造されにくいように、このような形をしているのです。そのため、実印や銀行印の使用によく用いられます。

逆に、これを宅急便の受け取りや、回覧板の閲覧確認に押してしまうと、他の人が見ても、誰の印鑑かわからなくなってしまいますから気をつけましょう。認印として使う場合は、誰が見ても判断できるような書体を用いるべきです。そうしなければ、自分自身さえも自分の印鑑が判断できないようなことだって起きてしまうかもしれません。

 〔お勧め記事:同じ名前の友達がいたら…〕
知っているようで、なかなか知らない印鑑についての記事です。
引用:
皆さんの近くにいる友人や知人には自分と同じ名字を持った人がいるでしょうか。
親戚以外で、同じ名字の人が身近にいる機会というものはそれほど多くは無いですが、決して可能性はゼロではないですからね。

リンク先:オリジナルの印鑑

このページの先頭へ