爪楊枝と印鑑用ブラシ

イメージ画像

印鑑を何度も使っていると、文字部分の隙間にゴミが入ってしまうようなことがありますよね。そのまま使っていれば、印鑑を押したときに汚れてしまったり、ゴミの影響で印の状態が変わってしまうようなことがあります。そのため、印鑑ケースなどには、印鑑の先の部分についたゴミを取るためにブラシがついていることがあります。

印鑑のゴミは、文字によってもつきやすさが違うかもしれませんね。ゴミがたまりやすいような文字の場合は、こまめにチェックしておかないといけません。画数が多い人は、その分隙間も多いでしょうから大変になってしまいますね。

印鑑は硬いですから、粗末に扱わなければ傷がついてしまったり、描けたりするようなことはほとんどありません。ですが、鋭利な硬い材質のものでゴミを取ろうとすることはあまり好ましくないでしょう。あやまって傷をつけてしまったら、印鑑としての機能を失ってしまいかねません。ブラシもやわらかい材質のものなのですから、印材よりもやわらかいもので少しずつ手入れをすることが大事なのです。

【印鑑を作成するならこちらの通販サイト】
印鑑卸売市場はお客様から指示される高い品質で激安価格なはんこを卸売価格で作成し最短即日出荷をしております!

また、印鑑用のブラシではとれないこともあります。特に細くて細かい部分などは、ブラシを使っても、とるのが難しいですよね。そんなときは爪楊枝が便利です。考え方としては、歯磨きに似ているかもしれませんね。

印鑑にゴミをためないようにするには、朱肉を使った際にすぐに汚れをふき取っておくようにしましょう。常に綺麗な状態を心がけていれば、それほど汚れがたまることも無いでしょう。

印鑑のサイズと用例
http://www.long-thibaud.jp

このページの先頭へ